So-net無料ブログ作成

路上に横たわりひかれる=男性死亡、トラック逃走−警視庁(時事通信)

 7日午前3時半ごろ、東京都台東区池之端の都道で、路上に横たわっていた男性をトラックがひき、走り去った。男性は病院に運ばれたが、頭をひかれており死亡が確認された。警視庁上野署は男性の身元を調べるとともに、ひき逃げ事件として捜査している。
 同署によると、男性は70歳ぐらいで灰色のジャンパーに白いズボンを着用。頭以外に目立った傷はないという。トラックは白色で、荷台にグレーのシートが掛けられていた。
 直前に通りかかった別の車の運転手が男性を発見。近くに停車して通報していたところ、トラックが来たという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
同乗者2人、処分保留=危険運転致死、名古屋ひき逃げ
ひき逃げで46歳男を逮捕=高2男子死亡
ひき逃げか高2男子重体=頭から血、路上で倒れる
ひき逃げ死亡容疑で会社員逮捕=「燃料ランプに気を取られた」

海捜索中に「林の方かも」=上田容疑者、同居の男に−鳥取不審死(時事通信)
【十字路】京都・嵯峨野トロッコ列車が運転開始(産経新聞)
総本山善通寺で稲穂投げ 香川(産経新聞)
ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)
流しびな 園児たちが願い事書き人工の川に 名古屋(毎日新聞)

5月に「看護フォーラム」を開催―日看協(医療介護CBニュース)

 今年で制定20周年を迎える「看護の日」(5月12日)を前に、日本看護協会(久常節子会長)は5月9日、東京都内で「看護フォーラム」を開く。シンポジウムには、歌舞伎役者で俳優の中村獅童さんも参加し、医療関係者だけでなく、国民にも看護について考えてもらう。

 シンポジウムのテーマは「暮らしと看護を考えよう!医療現場から日々の生活の場まで」。中村さんのほか、読売新聞東京本社の前野一雄編集委員、世田谷区社会福祉事業団看護師の佐々木静枝さん、京大医学部附属病院看護師の宇都宮宏子さんの4人がシンポジストとして参加し、入院から退院、在宅療養まで、暮らしと看護のかかわりについて話し合う。
 また、看護職を対象に昨年秋から募集していたエッセー「感動看護エピソード」の優秀作品も発表する。特別審査員は脚本家の内館牧子さん。

 参加費は無料。会場は都内のよみうりホールで、時間は午後2時から午後4時半まで。住所、氏名、職業、電話番号を明記し、はがき、電子メール(kango2010@e-mail.jp)、またはファクス03(5166)0236で申し込む。4月14日必着。定員は800人で、応募者多数の場合は抽選。問い合わせは、看護フォーラム事務局03(6221)0314。


【関連記事】
72時間ルールの緩和措置、「極めて遺憾」―日看協
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解
助産外来と院内助産の課題、「助産師育成」が7割
慢性疾患の2分野を「認定看護師」に追加―日看協
看護職のワーク・ライフ・バランス推進でフォーラム

新党結成or自民改革…舛添氏、2つの選択肢(読売新聞)
<火災>住宅が全焼し2人が死亡 石川県輪島市で(毎日新聞)
証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら(時事通信)
「記者会見は全面開放すべき」 新聞労連が大手マスコミに提言(J-CASTニュース)

北教組幹部逮捕 鳩山首相が公立校教職員への罰則検討指示(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日の衆院予算委員会で、公立学校教職員による選挙運動など政治的行為の制限を定めた教育公務員特例法について、罰則規定を設ける方向で改正を検討する考えを示した。自民党の馳(はせ)浩氏が北海道教職員組合(北教組)の幹部が逮捕されたことを受け罰則規定を提案すると、首相は「そのことを川端達夫文部科学相に検討させたい。教職員は聖職者であるべきだ」と明言した。

  北教組の深い闇 学校を支配する「46協定」とは

 同時に、北教組が民主党の小林千代美衆院議員側に不正な資金提供をした事件に関連し「このようなことが続くと教職員と政治家のかかわりの中で教育の問題にも影響が出る」と懸念を示した。

 公立学校教職員は政治的中立性確保の観点から、一定以上の政治的行為は禁じられているが、現行法では罰則規定がなく、選挙運動が野放しになっている。

【関連記事】
北教組幹部逮捕「極めて遺憾」 官房長官、議員責任には言及せず
北教組幹部ら逮捕 民主議員陣営に1600万円の不正資金提供
審議復帰早々に攻撃モード 自民、北教組の違法献金事件を追及
「これまで同様、選挙運動の強化を」 北教組支部が組合員に“檄文”
自民が教員の政治活動規制法案を提出へ 北教組の違法献金事件受け
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<夕張市>財政再生案提出、17年間で赤字322億円解消(毎日新聞)
放浪記 5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)
羊 ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
自称霊能力者の民生委員ら、殺人と殺人未遂容疑(読売新聞)
首相動静(2月24日)(時事通信)

囲碁 張栩が棋聖奪取 7冠制覇(毎日新聞)

 囲碁の第34期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が25日から静岡県伊豆市で行われ、26日午後4時19分、247手で挑戦者の張栩十段(30)が山下敬吾棋聖(31)に白番1目半勝ちし、4勝1敗で奪取した。張は十段、王座、碁聖に初獲得の棋聖を加えて4冠となった。かつて本因坊、名人、天元も獲得しており、7大タイトルをすべて制したことになる。この“7冠グランドスラム”は、87年に当時31歳の趙治勲九段(二十五世本因坊治勲)が達成して以来、23年ぶり史上2人目。

 張は09年4月、現行の7大タイトルがそろって以来(77年〜)、初の5冠同時制覇を達成した。09年10月に20歳の井山裕太八段(当時)に名人を奪われ、同12月には山下に天元を取られた。だが、初挑戦の棋聖戦では見事な打ち回しを見せ、同世代のライバルを圧倒。4連覇していた山下の名誉棋聖の資格獲得(5連覇か通算10期が条件)を阻止した。

 張は台湾出身。林海峯名誉天元門下で94年、プロ入りした。7大タイトル獲得数は歴代6位の計18期。

 将棋界にもタイトルが七つあり、それをすべて制したのは中原誠十六世名人(一つは竜王の前身の十段)、谷川浩司九段、羽生善治名人の3人。羽生は96年、7冠同時制覇の偉業を成し遂げた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ
囲碁:小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
訃報:中山典之さん77歳=囲碁棋士
囲碁:謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目

6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
熱戦!なーんちゃってカーリング(産経新聞)
中学生4人お手柄、火災民家から女児2人を救う 大津(産経新聞)
未明に民家火災、70代母と息子?死亡 大阪・茨木(産経新聞)
与謝野晶子の自筆原稿をインターネット上で公開 (産経新聞)

<雑記帳>親善交流戦でチェ・ジウさんが始球式 福岡(毎日新聞)

 福岡ソフトバンクホークスと釜山ロッテジャイアンツの親善交流戦が28日、福岡市であり、「冬のソナタ」で知られる韓国女優のチェ・ジウさんが始球式に登場した。

 大きく振りかぶって投げたボールは、バッターのかなり手前でバウンド。「昨日から一生懸命練習したんだけど。チャンスがあれば、もう一回挑戦したいくらい」と苦笑い。

 詰めかけたファンの熱気に「釜山も野球熱が高いが、福岡の野球ファンも情熱的」とチェさん。07年から姉妹都市となった両市だが、野球を通じて市のキャッチボールも盛んにしたいところ。【大島祥平】

【関連ニュース】
ぺ・ヨンジュン:アニメ「冬ソナ」エンディングは実写に チェ・ジウと8年ぶり共演
ぺ・ヨンジュン:チェ・ジウと日本初のツーショット アニメ「冬のソナタ」会見
ぺ・ヨンジュン:アニメ版「冬のソナタ」本人が演じた役で声優初挑戦 「二人の結末を見守って」
ペ・ヨンジュン:キャラが韓国語指南のDSソフト発売 Ryu「ファンなら買うしかない」
ぺ・ヨンジュン:9月に来日決定 チェ・ジウと7年ぶりに復活した「冬ソナ」コンビでイベント

パト追跡の車、自転車なぎ倒し逃走 東大阪(産経新聞)
UR業務見直しで検討会=23日に初会合−国交省(時事通信)
シンクレア ZX81
夫婦別姓 異論なんの 首相後押しで成立へ突進(産経新聞)
介護政策で首相に提言=公明(時事通信)

国公立大2次試験 前期日程、東海地方でも始まる(毎日新聞)

 国公立大2次試験の前期日程が25日、始まった。この日は国立81大学360学部、公立68大学142学部で試験がある。

 東海地方の国公立大でも2次試験(前期日程)が25日、始まった。名古屋大学(名古屋市千種区)では午前10時の試験開始と同時に、受験生たちが外国語の問題と向き合った。

 同大前期日程を志願したのは、計4960人。全学部の平均倍率は2.9倍で、昨年の3倍から微減した。26日にも数学、国語の試験を行う。【高橋恵子】

【関連ニュース】
国公立大2次試験:看護、教員…資格取得の学部が人気
国公立大2次試験:前期日程始まる
国公立大入試:確定倍率は4.9倍 7年ぶり志願者増
明治大:志願者数日本一に 早大のV12阻止
立教大:理学部入試でミス

靴下の中から盗んだタスポ ひったくり容疑で配管工の少年逮捕 (産経新聞)
R−1ぐらんぷり あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)
<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
元郵便局社員の女を逮捕=貯金解約、総額2億円か−兵庫県警(時事通信)
3億円架空増資の投資会社代表に有罪判決 東京地裁(産経新聞)

火災 高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)

 20日午後1時50分ごろ、京都市伏見区醍醐中山町の市営住宅「醍醐中山団地」21棟(5階建て)2階、アルバイト、大西好子さん(22)方から出火。46平方メートルのうち台所付近約15平方メートルが焼けた。大西さんの長男(4)が助けを求めているのを高校生2人が見つけ、排水パイプをよじ登って2階のベランダから救出した。長男は煙を吸っており、病院に運ばれたが無事。

 京都府警山科署によると、大西さんは長男と2人暮らしで、出火当時は長男1人だった。

 同署などによると、同じ団地に住む私立綾羽高3年の木ノ下貴紀さん(18)と、木ノ下さん宅に遊びに来ていた府立鳥羽高3年の杉本亨光さん(18)が、「火事だ」という声を聞いて現場へ駆け付けた。室内から黒煙が噴き出す中、2階のベランダに男の子を発見。2人が排水パイプや1階ベランダをつかんで2階へよじ登り、杉本さんが涙ぐむ男の子を右肩に抱え上げて助け出した。

 杉本さんは相撲部に所属し、09年の新潟国体で団体4位を飾ったときのメンバー。「命に別条がなくてよかった。相撲で培った力を生かせた」と話した。また木ノ下さんは「火が見えたので危ないと思った。昔は消防士になりたかったので、助けられてよかった」と話していた。山科署は21日に2人を表彰する。

 現場は京都市営地下鉄醍醐駅の北東で、世界文化遺産の醍醐寺のすぐ近く。【熊谷豪、藤田健志】

【関連ニュース】
<最近の救出劇>JR高円寺駅:転落女性を救助 レールの間に寝かせ
<マンション8階から転落するも>4歳女児 軽傷で済む
<ハイチでは>ハイチ大地震:16歳少女15日ぶり救出
ポーランド:川から氷の海、120キロ漂流の犬救出 だから君の名前は「バルト君」

インドネシア人候補270人 看護師試験を受験(産経新聞)
女子大学院生にセクハラ、60代教授を懲戒解雇(読売新聞)
ホンダ、青木氏が退任し会長は空席に(レスポンス)
「首相が徴税責任者、悲喜劇だ」党首討論で谷垣氏(読売新聞)
アリバイづくりの“小沢氏への進言” 首相、指導力発揮できず(産経新聞)

茶髪、ピアスなど禁止令 日本水連決定に異論相次ぐ(J-CASTニュース)

 競泳などの日本代表選手について、茶髪やピアスなどを禁じた日本水泳連盟の決定に対し、「今どきおかしい」とネット上で異論が相次いでいる。スノーボード国母和宏選手の鼻ピアスなどでも論議になったが、公式に禁止令が出るのは珍しく、波紋を呼んでいる。

  「茶髪禁止令 シンクロ・水球・飛び込み選手らも」

こんな見出しの記事が2010年2月21日、朝日新聞のサイトに出ると、ネット上では、疑問の声が次々に上がった。

■誓約書へのサインが求められ、違反者には登録停止

 記事に200件ほど付いた、はてなブックマークには、「昭和のニュースかと思った」「高校の風紀委員会みたい‥」「水連理事の頭が固すぎるのか、それともお行儀の良さを求める世間様の圧力に柔軟に対処したのか?」といったコメントが並んでいる。

 新聞各紙によると、茶髪などに不快感を示していた故古橋広之進名誉会長の意向もあって、日本水連では、過去の五輪でも、茶髪などをしないよう口頭で指導してきた。世界で戦うのに、華美に走る必要はないとの考えからだ。

 そして、8月に急逝した古橋名誉会長の遺志を受け継ぐかのように、水連は09年10月20日、明文化に初めて踏み切った。競泳日本代表について、茶髪、ピアス、華美なネイルアートを10年4月から禁止する行動規範の文書を作ったのだ。水連では、アメリカやオーストラリアでもこうしたルールがあるとしており、各紙によると、相次ぐスポーツ界の不祥事もきっかけになったという。

 さらに、10年2月21日には、シンクロ、飛び込み、水球などの選手についても、行動規範を明文化した。選手には誓約書へのサインが求められ、違反者には登録停止などの処分が下されるという。

 禁止規定に異論が相次いでいることについて、水連に取材すると、事務局長は、「ネット上の批判はまだ見ていませんので、何とも言えません」と言う。禁止の意図や批判へのコメントなどは、規定を作った倫理委員会の委員長がするといい、J-CASTニュースでは委員長に取材を申し込んでいる。

■JOCは規定なし「決めるのが難しい」

 日本水連の禁止規定について、関係機関ではどう考えるのか。

 文科省の競技スポーツ課では、ほかの競技団体では担当者が知る限り禁止規定は聞いたことがないという。規定そのものについては、「スポーツ団体が自主的に決めたものですので、こちらとしては何とも言いようがありません」としている。

 日本オリンピック委員会によると、茶髪やピアスなどの禁止については、大会ごとに定める行動規範に規定したことは過去にはない。その理由について、事業広報部では、こう説明する。

  「ファッションに関わる部分は、基準をどこに置くのか、決めるのが難しいんですね。例えば、茶髪の一般論という主張があったとしても、それが一般論なのかははっきりしにくい。一方的な考えだけでいいのか、ということもありえます。水泳の選手であれば、プールの塩素で髪が脱色したり、もともと赤みがかった髪であったりすることも考えられ、一概にルールを作るのは難しいと考えています」

 バンクーバー五輪では、日本スケート連盟の強化部長が男子の茶髪、ピアスなどを止めるよう求めたり、スキーのジャンプ競技選手2人がコーチらから指摘されて茶髪を黒く染め直したりしたとの報道はある。

 しかし、五輪全体の行動規範に細かい規定はないため、自由にファッションを楽しむ選手はいるようだ。

 国母選手が鼻ピアスを一時していたほか、フィギュアスケートの鈴木明子選手が空港で買ったピアスを着け、スピードスケートの岡崎朋美選手が金色のネイルをしていたなどと報じられている。


■関連記事
国母ファッションはスノボ「定番」 JOC目くじら立てすぎの声も : 2010/02/12
国母騒動がつきつけた 日本人の価値観問題 : 2010/02/18
「復帰」北野誠と和田アキ子 その意外な共通点とは : 2010/02/21
社内恋愛のキッカケ 男性のトップは「一目ぼれ」 : 2010/02/22

夫婦別姓「私は前から基本的に賛成」…首相(読売新聞)
<山手線>6扉車両を廃止→4扉車両に…ホームドア稼動で(毎日新聞)
「丹波竜」発掘調査で恐竜の卵の殻?を発見 兵庫・丹波市(産経新聞)
【単刀直言】平野貞夫元参院議員 「反小沢」を煽る渡部さん(産経新聞)
「社民と協議したくない」普天間で国民新・下地氏(産経新聞)

ガス田で提訴も=中国が共同開発合意破れば−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、東シナ海ガス田問題をめぐり、中国が共同開発の合意を破った場合は国際海洋法裁判所への提訴も辞さない方針を示唆した。
 同方針を中国側に伝えたとの一部報道について、平野長官は明言を避けたが、「合意が守られない場合には、しかるべき対応ということは、当然考え方としてはある」と表明。「今後どうしていくかは、日中間で協議をしなければならない。いろいろなファクター(要素)がある」と述べた。 

【関連ニュース】
いすゞ、天然ガス車4200台リコール=フィアットの乗用車も2500台
西部ガス、北九州市に大型LNG基地建設を決定=需要拡大とコスト低減狙い
東邦ガス、「サハリン2」のLNG受け入れ開始へ=9日に到着
大阪ガス、減収増益=原料費減少-4〜12月期
電力5社が値上げ=ガス4社も-3月料金

ボンバル機の部品交換怠る…全日空発表(読売新聞)
<プルサーマル計画>佐藤知事、福島第1原発3号機に導入へ(毎日新聞)
<殺人未遂>男性2人刺される 容疑者逮捕 東大阪(毎日新聞)
立ち退き求められ自殺か=80代姉妹? 民家庭に焼死体−大阪(時事通信)
ホテル宿泊客の男性、浴槽で死亡 東京(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。